ワレモコウ

ワレモコウをいただきました。

この山野草は、私たちが嬬恋に来て初めて参加した外来植物駆除での自然観察会で教えていただいたものです。

お花の名前はすぐに忘れてしまう私が、これだけはすぐに憶えられました。

名前の由来が、神様が紅い花を呼び集めたときに、お声の掛からなかったこの子が「吾も紅(われもこう)」と言って出ていった、というような説明を伺ったと思います。

なんとも健気というか、可愛いというか・・・、「はい、はい、紅ちゃんネ」と言いたくなります。

名前の由来は諸説あるそうですが、微笑ましくて好きになるお話が良いですね。