キバナオダマキ

バラキ湖の自然観察会で、あちらこちらに俯いた小さな花がありました。

みんな下を向いているので、どれどれと起こしてみると、とっても可愛いお花です。

「オダマキ」というそうで、黄色いのはキバナオダマキだそうです。

本来の「おだまき(苧環)」は、布を織るのに糸を巻いて使う環状のものをいうそうで、確かに見たことがあります。

イワカガミの花もそうですが、キバナオダマキも顔を上げると可愛いのに、いつも俯いていて日本の花らしいですね。

恥ずかしがり屋の大和撫子、というところでしょうか。