草軽電鉄

今日は、60年前に廃線となった草軽電鉄の、幻の路線を一駅ぶん歩きました。

駅名でいうと、国境平(こっきょうだいら)駅から二度上(にどあげ)駅です。

出発の入口あたりから、とても道には思えないところでした。

進んでいくと、だんだんそれらしい道になり、電車が起伏なく運行できるように、切通しと盛土が施されて、60年経ったいまもシッカリしていて、昔の人の丁寧な仕事が伺われます。

途中、相生(あいおい)の滝も樹木の隙間から見られ、二度上駅の近くには人家もあったと伺い、幻の鉄道にまつわる人々との暮らしを彷彿とさせられた一日でした。