鎌原キュウリの粕漬

毎年たくさん出来すぎて、オーナー氏に邪険にされる鎌原キュウリですが、今年は例年の1/4の収穫量で、そこそこ大切にしてもらえます。

今年は、溜まった鎌原キュウリを粕漬にすると言って、1人で何やらやっておりました。

けっこう手間ひまが掛かるようで、ようやく酒粕に漬ける段階となりました。

これで1ヶ月半ほど待てば、食べられるようになるそうです。

なんとなく、勝手に奈良漬のようなイメージを持っておりますので、試食が楽しみです。ヽ(´▽`)/