カテゴリー: 季節の食べ物

蕎麦の芽と嬬恋豆腐

今日は、嬬恋で全日本ラリーがありました。 毎年ラリーの日は、観戦されるお客様がお泊まりになります。 今日は、お夕食を召し上がる方はお1人だけで、サラダバーはこじんまりとしています。 今回は、ちょうど長野で蕎麦の芽が手に入りましたので、「蕎麦の芽と嬬恋豆腐のサラダ」をお出ししました。 蕎麦の芽は、ルチンがお蕎麦の100倍ほどあって、風味も良く美味です。 お豆腐は、もちろん嬬恋大豆100%で手づくりの [...]

Read More

たらの芽

今日、農家の方から「たらの芽」をいただきました。 都会なら、高級品です。 嬬恋で生まれ育った人たちは、こうした山菜を春の日常として食べられて、羨ましいと思います。 都会では、自分で「山菜を食べる」という意思を持たなければ、なかなか口に入りません。。。 山菜というのは自生の植物ですから生命力が高く、お勧めです。 もちろん、この季節に当宿へお越しくださったお客様には、こうした山菜料理を堪能していただき [...]

Read More

天然しどけ

そろそろ山菜の季節です。 以前、お客様から「しどけ」という山菜を教わり、我がオーナー氏は気になって仕方がなかったようです。 もちろん、私たちは知りませんでした。。。 仕入れに行った際、天然の「しどけ」を見つけてさっそく購入しました。 近隣の地域では山菜が手に入る時期となり、和食コースの春の揚げ物は山菜の天ぷらです。 この日は、天然物のフキノトウやタラの芽と一緒に「しどけ」も天ぷらにしました。 自生 [...]

Read More

ギバサ

近ごろ、我がオーナー氏のお気に入りの海藻に「ギバサ」というのがあります。 あまり聞いたことは無かったのですが、正式には「アカモク」という海藻で、秋田では「ギバサ」と呼ぶのだそうです。 下処理をしてから包丁でよく叩くと、かなりネバネバしてきます。 私はモズクが好きで、東京にいるころは夕食後、毎日のようにモズクを摘みに、その日の気分に合ったお酒を飲んでいました。 オーナー氏は、ギバサが残ると私に出して [...]

Read More

鏡開き

今日は鏡開きです! 昨夜、お汁粉用に小豆を煮ておきました。 小豆は利尿効果があり、腎臓に良い食べ物です。 自然医学では、小豆を煮たら自然塩だけを入れて、小豆の甘味でいただきます。 でも、やはり甘くないと詰まらないと思い、黒砂糖とハチミツを入れました。 今日は、スノーボーダーの方たちが運動後の夕食にいらっしゃったので、縁起物のお汁粉を1杯ずつお出ししました。 私としては甘くしたつもりですが、一般のお [...]

Read More

自家製塩辛

ペンションすこやかには、居酒屋メニューがあります。 仕入れてきた生きのいいスルメイカで、自家製塩辛を作ります。 エンバランスのタッパーで、天然塩に浸けたイカワタが調味料になります。 調理の時は、さすがに真剣な顔のオーナー氏! ちなみに前にある袋は、調理場をお掃除するときの重曹とクエン酸です。 美味しいイカの塩辛の出来上がり! お酒のつまみに絶品です!!

Read More