カテゴリー: 季節の食べ物

鎌原キュウリの鯛みそ添え

昨日は畑に行く時間が無く、ようやく今日行ってみると、鎌原キュウリが大量に大人になっていました。 鎌原キュウリはみずみずしくて酸味が無く、とても美味しいキュウリです。 そこで、当館の板さんは鯛みそをつくりました。 生の鎌原キュウリに鯛みそをつけていただくと、お酒の摘みとしても美味です。 お客様には、季節料理の一品としてお出しする予定です。 そのほか、お漬物やサラダにも使いますが、食べきれない分は沖縄 [...]

Read More

沖縄産パイナップル

一昨日、沖縄の長女の職場から、パイナップルをお送りいただきました。 ペンションすこやかでは、生の輸入フルーツは使用いたしませんので、沖縄産パイナップルは貴重です。 早速、今日のお客様の朝食に、デザートとしてお出ししました。 まだ、熟していないのもありますので、順番に食べていきます。 パイナップルの剥き方は、戦前にパラオに住んでいたという私の祖母から伝授された方法で、無駄なく食べられます。 この方法 [...]

Read More

今日、山梨から桃が届きました。 桃はフルーツの中でも高価だと思うのですが、特に立派な桃です。 我がオーナー氏が山梨の友人にお礼の電話をすると、今年は雨が多いために甘味が少ないとのことでした。 まだ味見をしておりませんので、見た限りでは美味しそうです。 明朝、さっそく味見をしてみたいと思います。 地元の人に果物を差し上げると喜ばれることが多いので、味見をしてからお分けしたいと思っています。

Read More

賄い料理

先日、居酒屋の宴会で、地元のお客様のためにアユを仕入れました。 嬬恋は気温が低いために、アユを育てることができないそうです。 いまが旬なので、私たちの分も買って賄いといたしました。 この日の賄いは、サラダ蕎麦、刺身、アユの塩焼きです。 私は何でも生で食べるのが好きなのですが、我がオーナー氏は「日本酒の肴は焼魚が一番うまい」と申します。 これまで特に感じたことは無かったものの、なるほど、アユの塩薬は [...]

Read More

初鰹

今日は、高崎まで仕入れです。 いまが旬のアユやタイ、初鰹ほかの鮮魚を求めました。 オーナー氏いわく、「鰹がもつのは1日程度」とのこと。 ですから、お客様に初物を召し上がっていただきたくても、鰹の仕入れはご予約状況との兼ね合いになります。 いまが旬だけあって、初鰹は市場でも毎日完売になるとのことでした。 さすがに、おろしたばかりの鰹は身がプリプリで、このまま食べてみたかったのですが、お客様用のタタキ [...]

Read More

ビワの実ジュース

東京の我が家を買って下さったご家族から、庭にあるビワのマカちゃんの実がたくさん届きました。 「今年は特にたくさん実ったので」とのお手紙がありましたが、こちらに来てもマカちゃんの実を食べられるなんて、夢のようです。 食べきれないので、半分は実を丸ごと半分に切って、ハチミツ漬けにしました。 1年もすると、実も種も食べられ、薄めて飲むジュースは慢性病や病弱者、喘息、気管支疾患、風邪などに効きます。 半分 [...]

Read More

無添加の桜食材

昨年から、4月にお泊まりのお客様時に、「桜ご飯のお握り弁当」を差し上げています。 お花見の季節ですから、お帰りの際に桜をご覧になりながら召し上がっていただければ・・という想いからです。 昨年調べたとき、塩漬けの桜の花と葉を販売しているお店はいくつかあるのですが、どれも添加物があり使用に耐えませんでした。 諦めかけたときにオーナー氏の思い付きで、長野の和菓子の老舗である「花岡」に行くと、ここでは無添 [...]

Read More

嬬恋大豆の呉汁

ペンションすこやかの通常メニューでは、朝食は「郷土の季節料理ご膳」をお出ししています。 椀物も季節に合わせてお出しするのですが、3月といっても嬬恋ではまだまだ寒い日が続きます。 12月からの冬メニューのおっきりこみに代わり、3月の椀物には呉汁を作ってもらいました。 春の椀には若竹汁を予定しているのものの、嬬恋の春はもう少し先になります。 呉汁は群馬の伝統食で、もちろん大豆は嬬恋産です。 いま手に入 [...]

Read More

真鱈の白子

先日、白子の好きなお客様から居酒屋のご予約があり、さっそく白子を仕入れました。 オーナー氏は、「白子は北海道の真鱈(マダラ)が旨い」と申します。 そして、「白子のあおり(茹で)立ての温かいのを、塩で喰うのが特に旨い」そうです。 真鱈の白子は、今が旬です。 別のお客様も白子ポン酢を召し上がり、お替わりをなさったので、オーナー氏が天日塩でお勧めしました。 すると、「白子がとても美味しく、特に塩で食べた [...]

Read More

寒ブリ

寒い日は、何といっても熱燗です。 そして摘みは、ブリ大根。 旬の寒ブリを仕入れると、1匹5~10Kgはあり、頭やカマも立派です。 それを、嬬恋産の大根と煮るブリ大根は、居酒屋メニューとして人気があります。 煮物は3回火を入れるそうですが、味がよくしみて美味です。 我がオーナー氏は、「煮魚は嫌いだ」といつも言っているのですが、自分の作ったブリ大根は食べます。 不思議ですね~。

Read More