カテゴリー: 季節の食べ物

ぐんま名月

ゆば処「町田屋」では、果物や野菜も販売されています。 「ぐんま名月」というリンゴは、雪が降り始めるときに出来るそうなので、さっそく買いました。 寒い時期に出来るのは、果物の中でも体を冷やしにくいからです。 5個で1,000円ですからまぁまぁです。 サツマイモが1袋350円で、安いと思いゲットしました。 名月は3日ほど置いて食べてみたら、さっぱりとした甘さが美味しかったです。 販売所にはマスクをした [...]

Read More

大粒の栗

お正月の栗きんとん用に、栗の甘露煮を作らなくてはなりません。 栗の出初めは粒が小さいので、大きくなるのを待っていたら、買い忘れてしまいました。 やっと気が付いて慌てて探しても、ほとんどの店頭から消えてしまったようです。 オーナー氏に探してもらって、ようやくゲット! 栗無しの栗きんとんではサマになりませんから、本当に良かったです。。。 今日から水に浸けて、準備に入ります。  

Read More

ゴールドキウイ

九州の幼馴染から、またキウイがたくさん送られてきました。 ゴールドキウイは甘味が強いのが特長で、グリーンキウイに較べてビタミンCが2.5倍以上あるそうです。 したがって、風邪の予防や美容にも良いとのことです。 当館では、果物は国産しか使いませんので、群馬や長野でとれなくなるとキウイは終了ですが、宮崎ではいまとれるようです。 去年もたくさん送ってもらって、いつも気に掛けてくれる幼馴染には感謝です。 [...]

Read More

シャインマスカット

またまた、高価な果物を送っていただきました。 やはり種なしで、皮ごと食べられるそうです。 もちろん、まずはお客様に召し上がっていただきます。 先日の種なし巨峰は初めて見たような気がしますが、シャインマスカットは以前から種なしが出回っています。 だんだんと種なしの果物が増えていくのかも知れませんね。  

Read More

今日は鍋

今日は昨日と打って変わって、やや寒い。。。 今夜の賄いは?というと、ついに出ました「お鍋」です。 我がオーナー氏は湯豆腐が大好きで、寒くなると毎日のように出てきます。 それでも、冷えぎみの夜には「気分だわ~」と言っていただきました。 これからは、いよいよ寒さに向かうのでしょうか・・。  

Read More

種なし巨峰

「種なし巨峰」というのが、山梨から送られてきました。 種があるのは自然なことなので、私は全く気にならないのですが、最近は種なしが好まれるようです。 子供のころ、ブドウとメロンは甘すぎて食べられなかったのですが、いつの間にか食べられるようになりました。 もちろん、貴重なブドウなので、お客様の朝のデザートにお出しします。 そして、残ったら私のお腹に入ります。 オーナー氏は、あまり果物を食べませんので・ [...]

Read More

ユウガオ

ユウガオというのは、嬬恋に来るまで知らなかった野菜です。 我がオーナー氏は、いつもヒルガオと呼んでしまいますが、ヒルガオ科の花たちとは関係ないそうです。 かんぴょうになる野菜とのことで、これならお馴染みです。 ユウガオの煮物を、栃尾の薄揚げと海老を入れて作ってくれました。 薄味で、なかなか美味です。 それにしても、とても大きな野菜でビックリ!!  

Read More

プチトマトのサラダ

野菜はそれぞれに薬効がありますが、自然栽培の在来種は生命力が高く貴重です。 病気というのは生命力が落ちることで、治癒というのは生命力が上がることですので、常に生命力の高いものを摂ることがお勧めです。 なので、肥料が無くて出来るわけがないなどと言われても、自然栽培にこだわってしまいます。 今回、初めて私のプチトマトちゃんを、サラダで主役にしてもらえました! 当館の板さんは、これまで私のプチトマトちゃ [...]

Read More

キュウリのキューちゃん

私の鎌原キュウリちゃんを、板さんがお漬物にしました。 彼いわく「キュウリのキューちゃん」だそうでそうす。 これって商品名だと思うのですが、言いたいことは分かります。 彼の実家の蕎麦屋でも、義母さんが作っていたそうです。 出来たものは、朝食の「郷土の季節料理ご膳」で香の物としてお出ししました。 昨年と変わらず美味しくて、ご飯が進みます。 もちろん、お摘みにも。  

Read More

トウモロコシのかき揚げ

嬬恋村のトウモロコシは、東京で食べていたものと味が違います。 寒暖差が激しいためか甘味が強く、とても美味しいと思います。 夜のサラダバーで、茹でたトウモロコシをお出ししますが、今回はかき揚げです。 味が付いていないので、天日干しの天然塩を添えてお出しするものの、このままでも充分美味しいと思います。 東京にいたころはトウモロコシに興味の無かった私も、いまはよく戴いております。  

Read More