カテゴリー: 自然

ヤマハギ

今日は、久しぶりにペンションすこやかの庭を眺めました。 すると、毎年私の背丈よりずっと高く伸びる山ゆりの花も終わり、キキョウもほぼ終わりかけています。 その代わり、ヤマハギがあちらこちらで花を咲かせていました。 嬬恋では、お盆が過ぎると急に秋の様相を呈します。 そして短い秋が来て、冬になります。 今年は7月中旬まで小さいストーブを置いていましたので、本当に短い夏でした。

Read More

野鳥の目印

お盆前に、また玄関フードに野鳥が衝突したらしく、1羽亡くなっていました。。。 ちょうど野生動物関係のお客様がお泊まりだったのでお伺いすると、ヒヨドリとのことです。 玄関フードを付けたばかりのころ、小さな野鳥が衝突してしまい、カラフルなアルファベットのシールを貼ってありました。 「welcome」の文字だったのですが、小さいうえに色あせてきて、鳥さんには見えにくくなったようです。 そこで、今度は大き [...]

Read More

菅平高原線

ペンションすこやかから長野市へ向かう途中、冬は通行止めになる近道があります。 長野県道182号菅平高原線というらしいのですが、「平塚らいてうの家」などもあり、須坂へ早く抜けられます。 道路もそれほど悪くなく、景色が綺麗で、運が良ければカモシカたちにも出会えます。 坂をどんどん降りて行くと、突然、きれいな花に出くわしました。 アジサイに似ているので、ヤマアジサイかな? と思い家で調べてみると、正にそ [...]

Read More

マタタビ

前回、山へ登った折に教えていただいた植物に「マタタビ」があります。 これまでは、「猫にマタタビ」というのは知っていても、植物をちゃんと見たのは初めてでした。 樹木ではなく、ツルだということも知りませんでした。。。 この植物は、花をつけたツルの先端部の葉が白くなり、昆虫がそれを目印に飛来し受粉してくれるのだそうです。 そして、花が終わると葉の色は緑に戻り、他の植物と見分けが難しくなるということでした [...]

Read More

九輪草(クリンソウ)

私たちの山登りでは、自然倶楽部のガイドさんに、樹木や山野草など自然の植物を教わりながら歩きます。 つまり、休みやすみのんびりとした山登りで、やや険しい山道があったとしても、なんとなく登っています。 ただ、山の植物はたくさんあり、教えてもらう内容もテンコ盛りで、植物の名前は毎回1つだけ憶えれば良いことにしています。 今回は「クリンソウ」です。 最初に耳にしたとき、私は「フリンソウ?どんな字を書くので [...]

Read More

霧ヶ峰

昨日は、ウォーキングツアーで霧ヶ峰に登ってきました。 梅雨どきで雨が多いにもかかわらず、この日は晴天でラッキーでした。 霧ヶ峰とは、エアコンの名前で知っていたくらいで、どんな山なのか分かっておりません。。。 1つの山でもないらしく、私たちは殿城山から山彦谷の「南の耳」「北の耳」と歩きました。 もちろん地理に弱い私には、それらの関係性は分かっておりませんが、草原が広がり、風がとても心地よかったです。 [...]

Read More

ベニバナイチヤクソウ

庭にある山野草、「ベニバナイチヤクソウ」が開花しました。 今年は気温が低いせいか、去年より半月余り遅い開花です。 花の本数も、昨年はもっと多かったと思うのですが、年によって減ったりするのでしょうか? 変わったことといったら、ここにあったホオノキの苗を抜いて他に移したことくらいです。 チューリップの葉っぱも、この春から毎日観察して判ったのは、大きく成長する前に少しずつ枯れて無くなってしまいました。。 [...]

Read More

ショウジョウバカマ

山に行くと、自然ガイドさんに色々な植物を教えていただきます。 最初はメモを取ったりしていましたが、最近は1回に1つだけ憶えれば良しとして、もっぱら目の保養と澄んだ空気を楽しみます。 今回は、ショウジョウバカマという野草が印象的でした。 個性的な花もさることながら、「袴(ハカマ)」とされる葉っぱの先から土の中に根を張っていくのだそうです。 つまり、花からできる種と、葉先から増える根っこで増えていく( [...]

Read More

ギョウジャニンニク

こちらに来て間もなく、ペンション仲間のオーナーさんにいただいたギョウジャニンニクが、今年も裏庭で育っています。 ギョウジャニンニクというのは、私はこちらに来て初めて知ったのですが、幻の山菜ともいわれる希少なもののようです。 お浸しにしても、お握りに巻いても、ニンニクの香りがして美味です。 1ヶ月ほど前から出ており、いつ食べさせてもらえるかと時々催促してみても我がオーナー氏は空返事で、ついに花芽が付 [...]

Read More

ホオノキ

ペンションすこやかの駐車場から玄関に向かうアーチの側に、いつの間にかホオノキとおぼしき木が生えてきました。 ホオノキの葉の「ホオバ」は、和食の板さんにとっては貴重なもののようです。 しかしながら、山に行って教えていただいたのは、ホオノキの下では他の植物が育たないのだそうです。 ここには、山ゆりや自生のキキョウほか山野草がたくさん出てくる場所なので、困ります。。。 昨年の秋、ついに2mほどになりまし [...]

Read More