カテゴリー: 文化

草軽電鉄

今日は、60年前に廃線となった草軽電鉄の、幻の路線を一駅ぶん歩きました。 駅名でいうと、国境平(こっきょうだいら)駅から二度上(にどあげ)駅です。 出発の入口あたりから、とても道には思えないところでした。 進んでいくと、だんだんそれらしい道になり、電車が起伏なく運行できるように、切通しと盛土が施されて、60年経ったいまもシッカリしていて、昔の人の丁寧な仕事が伺われます。 途中、相生(あいおい)の滝 [...]

Read More

大前駅からハイキング

嬬恋村にある大前駅は吾妻線の終着駅で、「線路が切れている駅」というのは鉄道マニアの方には人気があるようです。 今日は、その大前駅からのハイキングコースのモニターとして参加しました。 私たちは地元なので、わずか一駅の乗車ですが大前駅で下車し、そこからガイドさんの説明を聴きながらウォーキングです。 途中あまりにも空気が澄んでいて、「マスク越しに呼吸をするなんてもったいない」と思い、開放空間なのでマスク [...]

Read More

墓石

今日は、長野の仕入れに私も同行しましたので、昼食はいつもの「夢の笛」です。 ここの店主さんは元々デザイナーさんで、店内には手づくりの美術品が色々と飾ってあります。 いつもの藁人形たちの間に、これまでになかった石柱が各1本ずつ立ててありました。 私が「あれは何ですか?」と伺うと、墓石に設置する花瓶の中をくり抜いた廃材とのことでした。 「欲しかったらあげるよ」と言われ、「レオ君たちのお墓に、欲しいです [...]

Read More

お彼岸

嬬恋でペンションをオープンしてから、お彼岸におはぎも作らず、お供えも忘れることが多くなりました。 昨日は彼岸の入りで、地元のF友がきちんとお彼岸を迎えておられるのを見て、私もさっそく仏壇のお掃除とお供えを致しました。 嬬恋は、日本の分化がきちんと残されていて、私も忘れないよう心のゆとりを持たなくては・・と思います。 といっても、私のお仏壇は、府中の慈恵院で作ってもらった愛犬レオ君の位牌と、愛鳥シロ [...]

Read More

お盆のお供え

ペンションを始めてからお盆は忙しく、お仏壇のお供えなどちゃんとすることも無くなりました。 でも今年は急に思い立って、今朝スポーツクラブに行く道すがら、お供え用のお菓子を探しました。 どれも添加物だらけで、ひとつだけ無添加のお供え菓子を見つけたのでゲット! 私のてのひらよりも小さい詰め合わせで、これで500円は少し高いかなぁ~。 寒天で出来ているらしいのですが、とても甘そうなので食べるかどうか分かり [...]

Read More

ハンドパン

ハンドパンって、ご存知ですか? 一昨日お泊まりのお客様が持って来られた、手で触るだけの楽器で、自然の中でとてもマッチするのだそうです。 これは、半球状の金属を上下2枚貼り合わせてあるもので、すべて手づくりとのことです。 私は見たことも聞いたことも無かったのですが、音を聴いたら「ゆらぎ(1/f)音」だと思いました。 10年以上前に、グラスハープというヒーリング系の演奏を聴いたことがあり、「ゆらぎ(1 [...]

Read More

武田神社

山梨から帰りの昨日、我がオーナー氏が学生時代の友人に会いたいというので、甲府市に寄りました。 そして、武田信玄を祀った「強力な勝運」のパワースポットだという「武田神社」に案内していただきました。 幸運なことに、この時期は「茅(ち)の輪」が設けられており、2000年も前から伝わるという心身のお祓いが出来ました。 「茅の輪のくぐり方」に従って輪をくぐると、知らず知らずに犯した罪や穢(けがれ)を祓うこと [...]

Read More

清白寺

昨日、山梨県の清白寺へ行ってきました。 ここは、700年近くも前に建てられた国宝に指定されているお寺で、10年余り前に40歳代で亡くなった私の友人が眠っています。 嬬恋に来てから山梨県に行くことが無くなり、久しぶりにお墓参りが出来ました。 道路が整備されたらしく、道が分からなくて、迷いながら到着しました。 由緒あるお寺は藁ぶきの建物で、とても静かです。 永の不義理をお詫びして、お寺をあとにし車で走 [...]

Read More

ワラビの下処理

ワラビの下処理は、山菜料理では必須です。 通常はワラビに灰をまぶして茹でるそうですが、現代では釜戸も無く、家庭ごみを燃やすことは法律で禁じられていて、灰を手に入れるのは難しい状況です。 スーパーで出会った人でも気軽におしゃべりする我がオーナー氏は、上田の女性に教えていただいた方法で下処理を行います。 お鍋に適度な水を入れ、米糠を加えて沸騰させます。 沸騰したら火を止めてワラビを入れ、一晩おいて調理 [...]

Read More

中之嶽(なかのたけ)神社

さくらの里の入口付近に、「中之嶽神社」があります。 創建されたのは819年だそうで、1,200年以上も前になります。 「轟岩」という名の岩が御神体で、轟岩に近づくには、とても急な石段をたくさん登り、良い運動になりました。 降りる時のほうが、手摺をもたないと落ちそうで怖かったです。 階段を入口も含めて全部数えると、170段近くあったと思います。 あとで調べたら、超絶運気アップのパワースポットだという [...]

Read More