花形人参

彩りの良くない料理は、音楽からズレた運動と同じで、美味しさ楽しさが半減します。

オーナー氏が「冬は赤が難しい」と言いますので、私はいつも花形人参を所望します。

「人参ばかりじゃなぁ・・」と彼は言いますが、人参は食事療法でも大切な野菜で、私は「人参だらけでも構わない」と申します。

そうすると必然的に、花形人参の残骸が、私たちの賄いに登場します。

オーガニック人参は、「はなおか」で1本100円以上だったりしますので、さすがのオーナー氏も捨てません。

かくして、昨夜の賄いの海鮮塩焼きそばは、花形人参の残骸がタップリ入っておりました。(^^ゞ