作者別: 真弓山岸

11月~12月のイベント

★11月、いよいよ本格的な紅葉シーズンです。 ・軽井沢の雲場池:池畔に遊歩道があり、周りを一周して紅葉を楽しむことができます。 ・軽井沢の旧碓氷峠見晴台:遊歩道を散策しながら紅葉を楽しめます。 ・東吾妻の吾妻渓谷:紅葉狩りだけでなく、ハイキングも楽しめます。 ・上田の上田城跡公園:けやき並木遊歩道(二の丸堀跡)は、多様な種類の紅葉を楽しめます。 ★クリスマスのお食事とサービス ・12月24日夕食の [...]

Read More

しげの屋

今日は、所用で軽井沢に行きました。 時間にゆとりがあったので、大根おろしの力餅が食べたいと思い、熊野皇大神社のお食事処「見晴亭」を目指して行きました。 到着すると「見晴亭」はお休みで、その手前にあった「しげの屋」で力餅とコーヒーをいただきました。 「しげの屋」は老舗らしく、県境にまたがっていて創業300年とのことです。 価格は「見晴亭」よりも若干高めですが、クルミの力餅は甘さが控えめで、こちらの方 [...]

Read More

シジュウカラ

ペンションすこやかには、野鳥がよく飛んできます。 朝などは、枕もとでさえずる鳥たちの声で目覚めることもあります。 今日、2階のゲストルームをお掃除していると、我がオーナー氏が大声で私を呼ぶので下へ降りてみました。 すると、私たちの部屋の窓にシジュウカラが止まっています。 カメラを持って近づいても逃げず、そのうちに網戸をガリガリと引っかき始めました。 指でガラスをたたいても、ガリガリをやめません。。 [...]

Read More

見晴亭

熊野皇大神社の少し先に、「お休み処」が何軒かあります。 コーヒーを飲みたかったので、奥のほうで駐車場の空いている「見晴亭」に入りました。 テラスからの見晴らしがとても良く、家庭的な雰囲気のお店です。 この辺りの名物で「力餅」というのがあり、「おろし」と「クルミ」と、枝豆をつぶした「ずんだ」の3種類を注文しました。 どれも美味しかったのですが、この日の気分では大根おろしの力餅が絶品に感じられ、また食 [...]

Read More

台風19号

今回の台風では、過去の大震災で苦労された東北ばかりを気にしていました。 嬬恋では、通行止めや孤立したホテルがあることはニュースで知っていましたが、一部の住宅にも被害が及んだとは、昨日のFaci bookで教えていただきました。 今朝になって、上毛新聞に掲載された村内の田代地区の写真を見て、知り合いの人たちが心配になった次第です。。。 当館は、これまでにない大雨で、駐車場からの水が村道に出る道路の土 [...]

Read More

熊野皇大神社

北軽井沢エリアの白糸の滝から少し行ったところに、「熊野皇大神社」があります。 ここは、ペンションすこやかの常連のお客様から教えていただいた神社で、ぜひ行ってみたい所でした。 なんと、長野県と群馬県にまたがって建っているため、宗教法人も2つ、宮司さんも2人いらっしゃるそうです。 もちろん賽銭箱も2つあって、私たちは群馬県のほうにお賽銭を入れました。 鳥居をくぐると、室町時代に建立されたという狛犬が対 [...]

Read More

キュウリ種採り

昨年は、鎌原キュウリの種採りを失敗しました・・。 今年は、種を下さった地元の方に教えていただいて試したら、まだ少し早めだったかも知れませんが、成功です!! 昔、金魚を飼って、本のとおりに育てたら病気になり、何度繰り返してもダメでした。それ以来、私は金魚を飼いません。。。 昨年、キュウリの種採りも本やネットで調べてやったら失敗してしまいました。 食べ物もそうですが、本やネットで微に入り細に入りこまご [...]

Read More

軽井沢アウトレット

ペンションすこやかのリピーターさんで、イベントのお姉さんがいらっしゃいます。 昨夜もお泊まりで、今日の午後、アウトレットで出演されるとのことで、私たちも出かけて行きました。 雨が降っていたにも拘らず、子供たちが集まって来て、喜んで参加していました。 イベントの企画・出演の両方を手掛けられ、年間を通していつもご多忙のようです。 今回は久しぶりだったので、イベントのお話などで話し込んでしまいました。 [...]

Read More

台風避難

台風19号を逃れて、昨夜からペンションすこやかへお泊まりのご家族がいらっしゃいます。 そして今日、他県への旅行途中に通行止めになり、当館へ急遽非難されたお客様もいらっしゃいました。 どちらのお客様も、ペンションすこやかのリピーターさんなので、いっそのこと皆で宴会となりました。 外は雨ですが、明日になれば台風一過で雨も上がるでしょうから、今夜は美味しいお酒をいただきます!

Read More

僕たちの挑戦

先月お泊まりのお客様から、ご自身の著書である文庫本をいただきました。 初めはエッセーかと思って開いてみたら、小説でした。 趣味的にお書きになったのだろうか・・と思いながら読み進んでいくと、とても面白く興味深く、感動的でした。 一見、ファンタジー小説のようですが、量子物理学のパラレルワールドに通じています。 登場人物の会話には、宇宙を視野に入れた世界観があり、「氣」で説明できるものです。 主人公は小 [...]

Read More