By / 14th 11月, 2016 / 未分類 / Off

11月11日からの3泊4日で、糖尿ツアー(ハーフコース)を開催しました。

食事療法というのは、家族全員で行うほうが効果が上がるものなので、この期間は他のお客様はお受けせず、居酒屋も閉店です。

糖尿病は代謝障害ですから、何が起こってもおかしくない病気であることと、現在、体の中で何が起こっているのかをお話しして、自然医食と生活プログラムを、お客様のご希望も交えながら遂行しました。

わざわざ遠方から生活改善のためにお越しになるお客様は、モチベーションが高く、勉強家でいらっしゃいます。

「ハーフ」であっても、それなりの体感や、血糖測定器をお持ちの方では数値の変化も認めていただけたようです。

糖尿病予備軍の方や、初期で薬の服用がない方は、体の生理的なシステムを健全に戻すための手法を実行していただけば、健康を取り戻すのは早いものです。

しかし、私の過去の経験では、糖尿病の方は美食家が多く、食事療法は癌の方よりも難しい場合が多いと感じています。

おしなべて人というのは、心も体も急激な変化は苦手です。

その方の症状によって、優先的に改善すべき点をお願いして、めげそうになったときは、お電話か1日リセットでお越しいただければと思っています。

2016-11-14-%e7%b3%96%e5%b0%bf%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc