木々の呼吸

今日はあいにくの雨で、山は霧に覆われています。

本当かどうかわからないのですが、こうした霧は木々が呼吸しているからだと聞いたことがあります。そう思うと、木々の生命力を感じ、愛おしいというか自然への畏敬の念を感じます。

当ペンションは周りに木がたくさんあり、木々に覆われた所は空気が澄んでいて、朝などはデッキで深呼吸をしなければもったいないような気になります。

私たちの肺は縦長で、上のほう(肺尖)は気圧の関係で通常の呼吸でほとんど使いません。ですから、1日に1回でも深呼吸をするととても体に良いのです。

どうぞ、当ペンションのさわやかな空気を、たっぷりと味わっていただければと思います。