ペンションすこやかのサラダバー

当ペンションの食事は、プロの板前による和食のコースですが、止肴の代わりに地元野菜のサラダバーを用意しているのが特長です。

<その理由は>

1.寒暖差の大きい嬬恋でできる野菜(キャベツ、じゃがいも、白菜、大根、トウモロコシ、豆類・・・etc)は、味の良さで定評があります。
また、鎌原キューリなどは嬬恋でしかできませんし、蒟蒻農家で作る刺身蒟蒻は軟らかくて癖がなく、他では食べられない美味しさです。
そうした野菜たちを、ぜひタップリと味わっていただきたいのです。

2.ペンションすこやかは、美容と健康を大切にするペンションです。
美容と健康に最も重要な食材は「野菜」です。
色々なものを味わって幸せな気分になるのも必要ですが、同時に野菜も召し上がっていただきたいと思っています。

ある日のお1人様用サラダバーある日のお1人様用サラダバー(1)
生キャベツのサラダ生キャベツのサラダ
地元産・生蒟蒻のサラダ地元産・生蒟蒻のサラダ
白菜のミルク(豆乳)温サラダ白菜のミルク(豆乳)温サラダ
美味といわれる嬬恋ポテトのサラダ美味といわれる嬬恋ポテトのサラダ
ある日のお1人様用サラダバーある日のお1人様用サラダバー(2)
ほうれん草と有精卵の温野菜サラダほうれん草と有精卵の温野菜サラダ
海藻とレタスのサラダ海藻とレタスのサラダ
大根サラダの胡麻ドレッシング添え大根サラダの胡麻ドレッシング添え
嬬恋ポテトのカレースティックサラダ嬬恋ポテトのカレースティックサラダ

<近年の研究>

日本では、玄米雑穀や野菜を中心とした食事療法が古くからありますが、それを裏付けるように、ロンドン大学やハーバード大学院から次々と研究発表がなされています。
簡単にまとめると以下の通りです。


全ての年齢層で、すべての死因による死亡率は、野菜と果物を1皿以下しか食べない人に比べ、1~3皿食べている人は14%、3~5皿の人では29%、5~7皿の人は42%低下した。

果物は野菜に比べると効果は低いが、ビタミンA・C・Eなどが含まれ、ポリフェノールやカロテンなど抗酸化作用のある成分を摂取できるうえ、がんを予防するという研究報告も多い。
果物を有効に摂るためには、朝に食べると良い。朝は糖分が早くエネルギー源になるので、ビタミンや食物繊維など果物の利点だけを得ることができる。


この研究結果は、2014年4月、7月に発表されました。
ペンションすこやかでは、2014年10月から夕食時のサラダバーを1品増やし、水菓子(果物)は、朝食後に変更しました。

ご予約は ℡:0279-82-5650